荒立神社 夏季大祭 神陰流棒術奉納 令和元年7月29日

現代靈氣を始めてから不思議と縁が深くなった神道系文化。
ペトログラフが発見されるのはほとんど神社であり、神道系の古武道、神影流棒術を習うようになったのは高千穂/荒立宮での不思議な縁。更に神道系に発する養神館合氣道を学ぶようになったのも棒術との出会いがきっかけ。

まさか自分が神社の大祭で神影流棒術を奉納できるようになれるなんて・・・
何とも有り難くそれだけで幸福を感じてしまいます。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村

2019年7月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : arkscreen

阪根博先生と眞子様

昨日ベルポ化粧品の長内会長より10月に「 天野プレコロンビアン織物博物館 」の顧問、阪根博先生が来日されるという嬉しいお知らせを頂いた。

長内会長から阪根先生をご紹介頂いたのは2017年の6月に広川の「あいあい元氣ハウス」で2日間にわたる阪根先生の特別講演に参加させて頂いたのがきっかけでした。

DSC_4040
DSC_4041

阪根先生はとても気さくなお人柄で、ジョークを交えた巧みな話術に、南米ペルーの文化に疎い自分でも楽しく引き込まれ2日間の講演はあっという間でした。

1日目終了後そのまま「あいあい元氣ハウス」で行われた懇親会は、参加者の多くが阪根先生とピースボートで知り合った旧知の仲ということでとてもくだけた酒盛り会場となり、自分もつられてくだけてしまいた。(笑)

DSC_4044
DSC_4045

阪根先生とはペトログラフの話しでも盛り上がり、翌日は久留米の高良大社にある盃状穴へご案内したところ、マチュピチュにも似たようなものがあるとのことだったので、10月来日のお知らせに心が浮き立っていたところ、更に長内会長から阪根先生と博物館が昼のワイドショーで紹介されるとの追加情報が入りすぐにビデオの録画予約。

番組の内容は南米訪問中の眞子様の特集で、その過程で眞子様が 「 天野プレコロンビアン織物博物館 」 に立ち寄られて阪根先生が展示物の説明をされていました。

とても印象に残ったのは阪根先生の流石の説明、「羽のマントですよね。これが本当の”はごろも”・・・」と日本神話を連想させるキーワード。「はごろも」の言葉にこちらも流石皇室のプリンセス、驚きとの反応とともにパッと表情が輝きとても嬉しそうに「そうですね」と相づちを打たれていたのが忘れられません。

「 天野プレコロンビアン織物博物館 」 は阪根先生の祖父 天野芳太郎氏 が私財をなげうって創設された博物館。「日本人と言う大和民族は大いなる調和精神で私財をなげうってでも海外の人々との調和を重んじる」と言う心意気に痺れますね。
皇室もまたその存在によって、世界最長の文化を世界に証明しています。
それはある意味、世界最長の、あるいは世界最大の調和力を表していると言えるのではないでしょうか?

私は仕事柄特定の宗教に属することは避けています。
神道に関しては戦後の圧力で宗教と見なされたようですが、
八百万の神が存在するという精神文化は、万物に意識が宿るという精神文化で有り、おのれのみが正しいと争い合っている宗教とは対極をなします。

どこかの国のように自分が一番などと主張することなく、かの国の女王からも上座を譲られる唯一のエンペラーは世界調和の象徴となり得るのではないでしょうか? 力に支配され逆らう者がいなくなる平和ではなく、お互いを活かし合う調和の時代、高い精神性で調和を維持する靈和主義へのシフトが始まっているような気がしてなりません。

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村

2019年7月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : arkscreen

靈氣ヒーリングボランティアin朝倉医師会病院 5回目

先日は希望者2名。お二人とも前回体験からのリクエスト。
「家族に習わせたい」とか、「温泉に入ったように気持ちいい」とか
嬉しいコメントが。
ヒーリング中に 不眠症だと行ってる人から安らかな寝息が聞こえてくると
なんかこっちまで幸福な気持ちになってしまいます。

二人とも今週で退院らしく、今のところ他に希望者がいないと言うことで
来週は休みとなりましたが、毎週コンスタントに希望者が出るように
地道に続けていこうと思います。

2019年7月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : arkscreen

10年後の回顧録 002


10年後の回顧録、昔は毎日書いていたので毎日更新できるなとタカをくくってたけど前回投稿からはや12日。 でも、それもしょうがないかと許せる年頃になりましたw

2日目の引用は2009年9月1日に記したもの。

※引用ここから

人生は「あるがまま」に気付く旅。 

「あるがまま」を受け入れあい、愛による調和となって宇宙へ還る旅。

宇宙の意識はすべてを理解しているという。

しかし、経験はできないと言う。

そのために、物質世界を生み出した。

物質と反物質の調和が取れていれば真空となるらしい。

そこに10億分の1程の差(これがPC対称性の破れ?)が生まれたために
宇宙に物質が生まれた。

宇宙の「真空」と、星をはじめとする「物質」との割合は7:3(らしい?)

そして真空1立方センチメートル内のエネルギーは、全宇宙の3割を占める物質と同等。

この空の太陽も、月も、もちろん地球も、夜空に見える星々、目に見えるのも見えないのも含めたすべての銀河が真空1立方センチメートル分のエネルギーでできている?

1立方センチメートル分のエネルギーでできた「違うもの」同士で始めて経験が生まれる。

経験により、すべてが宇宙意識の同じエネルギーであったことに気付いたとき目的は成就する。

宇宙の意志により、あなたはあなたのまま、あなたを経験すればいい。

あなたという宇宙エネルギーを宇宙は否定しない。

あなたがあなたであり続けることの喜びを知るために、これまであなたを否定するものを作り上げてきた。

否定に苦しむことはない。否定は喜びへのスパイス。

あなたの喜びは保証されている。

否定は消え去る。

否定が己の愚かさに気付き始めたから。

※引用ここまで

エネルギーに関する比率などの数字は聞きかじりで正確な裏を取ったわけではないので今にして思えば少々強引な論法のような気もするけど、クォークレベルの構成単位になれば物質は波動の違いのみという認識は今も変わっていない。

このホームページのごあいさつ「平和から調和へ」でもかいてるとおりだ。

異質は宇宙の意思なのだろう。
宇宙の意思は異質を肯定している。
異質の共存は調和力によるもの・・・

宇宙が最終的に求めるのは意識・精神の調和・・・靈和。

否定の2文字だけで戦争という殺人合戦が始まる。
何世紀も繰り返して気付かないほど人間は愚かなのだろうか?

そんなはずはないと思う。

今日はずっと体も頭も熱っぽく、文章が進まないのでここまで。


2019年7月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : arkscreen

靈氣ヒーリングボランティアin朝倉医師会病院 4回目

4回目の靈氣ヒーリングボランティア。
ヒーリングで安らかに寝息を立てていた人が、
不眠症で眠れなかったのにと喜んでくれたりすると
ヒーラー冥利につきますね ^^v

ヒーラー仲間からボラティアを手伝いたいとの申し出も多いので
改めて受け入れ可能か尋ねてみましたが、
現在のところ受け入れ条件等がまだ確立されておらず
緩和ケア病棟という性格上の理由から
現時点では基本的に登録ボランティアのみにしたいとのことでした。

ゆくゆくは病院側でボランティア登録の審査が
行われるようになるのではないかとのことでした。

靈氣ヒーラーがボランティアなどで活躍できる場が
増える様に信用を積み上げていきたいと思います。




2019年7月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : arkscreen