ブログ『靈和の刻』

サイト管理人のブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

ZOZO前沢氏の国譲り

Yahoo!によるZOZO買収劇で経済界に衝撃が走った。
すぐに頭の中に降りてきたキーワードは「国譲り」だった。
勝手な連想で、
前沢氏は「国譲り」で調和的に「モノ」から「意識」へ舵を切ったなと。
宇宙旅行も月旅行も「意識」へ向けての「天岩戸開き」のプロローグとなる。

日本はこれまで国譲りをしながら国体を維持してきた。
神話の世界でも
古くは国常立尊の譲歩による艮への隠遁
そしてあまりにも有名な大国主命の国譲り。
(有名なのは知ってるが、細かい成り行きは知らないw)
最大限の譲歩で精神性においての誇りとなる部分を死守した様に思えてならない。(あるいは人類のマネジメントにおける伏線か?)

そして最近では大東亜戦争での「国譲り」。
戦後は「一方的に日本がパールハーバーで喧嘩を仕掛けて負けた。」という洗脳教育が徹底された。
が、歴史の嘘は必ず暴かれる。
アメリカは真珠湾攻撃の前から原爆を研究していたし
日本もアメリカに遅れること1年ほどで開発に着手し、B29の1.5倍ほど大きさで高い航続距離をもつ爆撃機「富嶽」の製造も計画した。
原爆はどん底の戦況にある日本には確かに起死回生の作戦だった。

しかし、世界最長の歴史を持つ日本文化を形作り一般大衆にも普通に認められていた神と繋がる人達(神主など)がおり、その日本の象徴となる存在によってその作戦は禁止された。
それでも東条英機は隠れて計画を進め、それがまたバレて「大和(TheGreatHarmony)を名乗る民族の誇りにかけて、そんなモノは絶対に日本人が作ってはならない」と大目玉を食らい計画は「中止」された。
アメリカは圧倒的優位な戦況においても「ロシアの進出を防ぐため」という意味不明な理由で原爆を日本に落とした。しかも二つも。

この事実の対比が人間の道徳的覚醒に置いて重要な意味を持つ。
日本の「中止」までの事実がこれまでは圧力によって押さえ込まれてきたが、もう限界に達したようで既にネットの海にはダダ漏れの状態だ。

重ねて言うが、この事実の中で最も重要なポイントこそが「中止」だ。間に合わなかったのでは無い。
勝敗が目的であればどんな状況に置いても諦めてはならない。(もっと適切な表現があるはずだが思いつかない)
しかし、日本はどん底の中の戦況においても「精神性」に最大の「プライオリティ」(優先順位)を置き、終戦にあたり日本はどんな条件も付けてはならず戦勝国の提示するすべての条件を受け入れなければならないという非人道的な「条件」を受け入れてまで戦争を終結させた。
(あくまで個人的なものの見方を書いているに過ぎませんが。)

そして歴史は変わる。過去も。
欲に封じ込められた歴史の事実は必ず暴露される。
それを知っていれば、戦争を終結させた日本の判断は正しい。
事実が暴露されたとき、これまでの歴史では「無条件降伏」だったものが、確実に人類史に残る「非人道的『有』条件降伏」に修正される。
そして長い間家畜のように扱われながら堪え忍んだ
日本人の精神性が世界の中で輝きを取り戻す。

歴史の嘘の暴露は既に始まっている。
長い歴史で塗り固めた嘘がバレて恥をさらすか?
潔く嘘を認め、調和を受け入れるか?
前者には全地球的な裁きが、
後者には全宇宙的な救いが用意されている。

(すばらしい靈氣実践者の同志各位、その存在に感謝します。)

※人類調和賛成!って方は下の二つのバナーをクリックしてくださいね!

        m(_ _)m

    ⇓          ⇓

人気ブログランキング にほんブログ村 にほんブログ村へ にほんブログ村
2019年9月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : arkscreen

10年後の回顧録 011 瞑想 その3

いまだに「意識」の莫大な力を、鼻で笑う人間は多い。
しかし「意識」の持ち方で世界は間違いなく変わる。

「思い通りの欲を満たす」世界を実現した「支配者」にとって「意識」をセルフマネジメントできる人間達はまことに不都合な存在となる。
だからメディアや宗教、法律などを悪用し、あらゆる手段で「洗脳」する。
そして、「洗脳」された人々が、「意識」の力を根拠無く鼻で笑う。

たとえば、「宇宙人」
「いる」といえば上から目線でバカにする人間は多い。公的な場でもタブーだったりする。

その原因は刷り込まれた「ものさし」。

「ものさし」が変われば「宇宙人はいるのか?いないのか?」という議論はばかげてくる。
太陽のような恒星が2000億前後も存在するという銀河系宇宙。
その恒星には「宇宙の法則」を持って自転しながら公転している惑星がある。

その銀河系の中心からかなり外れたところに太陽系が存在し、そこには約24時間で自転しながら、約365日で太陽の周り公転するという法則に則って太陽系第3惑星「地球」という星が存在し、その表面だけでも50億人前後の「宇宙人」がひしめいている。

だけど「洗脳」された「宇宙人」は自分たちが「宇宙人」だとは微塵にも思っていない。
地球の他の生命体も含むとなるとそれこそ気の遠くなるような星の数。

「意識」という波動が拡大し宇宙のある種の波動と響き合うのが俗に言う「覚醒」あるいは「アセンション」なのかも知れない。
いや、「意識」という波動は地球上や宇宙に溢れる何らかの波動と常に響き合っているのかもしれない。

そしてその意識が波動として発振していれば何らかの記録媒体にバックアップすることも可能なような気がする。本人の望むと望まざるに関わらず・・・
まさに「アカシックレコード」のように。

そんな予感が以前のブログ「令和は靈和」で書いた『意識の進化した者に嘘は通用せず、「バレたら死刑」というような嘘が次々と暴き出され、しかしそれさえも受容する調和力によって欲望の嘘は駆逐される。』という「予感」に繋がっている。
先日も気の合う靈氣仲間と気ままな話をしたときに「ここ5年以内に人間の大きな意識の変革が始まりそうな気がする」と話したが・・・

実はもう始まっていた。

その証拠が以下のブログの後に掲載するリンクだ。
富を独占する悪党支配者にはまことに不都合な存在だが・・・。
これからすべての真実を暴露する存在が増えて行く。
その存在に対しては、これまでの悪党支配者の常套手段である
「抹殺」が通用しない。
それらの存在にとって「死」は単なる「リセット」に過ぎず、
「抹殺」の証拠をぶら下げて真実を暴露しに戻ってくる。
「抹殺」の繰り返しは、「精神の貧しさ」という恥の上塗りに過ぎなくなる。
「嘘」が通用しなくなり、「欲」は駆逐され
「愛」という「知恵」のみが「命」の条件となる。

さて、「愛」という篩(ふるい)に残れるのは誰だろうね^^?

瞑想 その3
2009-09-11 15:51:15
テーマ: アセンション?
いま、覚醒、もしくは「目覚め」という経験をしている人が続々と増えているようだ。
(禅では見性体験というらしい。)
そして瞑想でその体験を得やすいという。
かなり衝撃的な経験らしく、一瞬にして、いまこの瞬間のみが真実ですべてはひとつの光、あるいは波動、エネルギーだと悟るのだそうだ。
(ただ、人によっては緩やかな覚醒もあるらしい。)

すべてがひとつ。 すべてが自分と一体であり、宇宙意識・神とも一体。
ここまでは、素粒子のレベルではすべてがクオークと電子ということで、
判らないこともない・・・かぁ? ^^;
しかし・・・となると、えらいことである。

すべてが自分で、神。 
憎む相手も、怖れる相手も、苦しむ理由も、何もない。
争いが起こりようのない世界。
世界の国々の防衛費をはじめとする、怖れに費やされる膨大なお金が不要になる。
これが実現したら、数千年あるいは数万年の時を経て達成された
これこそが人類の次元上昇だ。
この自分の世界がアセンションする絶対条件。 自分の目覚め。
ただ無になって座り、いまこの瞬間、愛と調和を選ぶこと。


(すばらしい靈氣実践者の同志各位、その存在に感謝します。)

※人類調和賛成!って方は下の二つのバナーをクリックしてくださいね!

       m(_ _)m
    ⇓        ⇓

人気ブログランキング にほんブログ村 にほんブログ村へ にほんブログ村
2019年9月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : arkscreen

10年後の回顧録 010 瞑想 その2

下に引用するブログは、間違いなく10年前のもの。
しかし、まだまだ多くの人のネガティブ洗脳、ネガティブ思い癖は無くならない 。
「人は思ったものを見る」なんて言ったハナから、口から出てくる言葉は恐れから生まれるネガティブワードばかり・・・と書いている自分はどうなんだ。

すべての状況は自分が創造したもの。
ネガティブ意識がネガティブループを作り出す。

逆もまたしかり。

できてるつもりでできてない・・・と思わず
できてる部分に意識を向ける。

それが難しいと思えば、難しい。
できるかも知れないと思うことから
岩戸は開く。

2重3重のネガティブを逆に利用してやろうと
ポジティブに変換する。

人間は意識で生きている。

瞑想 その2
2009-09-10 19:23:01

テーマ: アセンション?

昔を振り返ってみると、考えていることのほとんどが

過去の後悔か未来への不安や怖れだったと思う。

過去の経験を思い出すと、苦しいこと、悲しいこと、腹の立つこと、悔しいこと、

恥ずかしいこと、情けないこと・・・・ なんかネガティブばっかりをいまに引きずっている。

で未来はと言うと、引きずっているネガティブな心で予想するから不安ばっかり・・・

1日に使う心のエネルギーの90%以上?がネガティブ。

ネガティブに関して考えているから、目の前の現象もネガティブなことに注意が向いて

いろんなものをネガティブにねじ曲げて解釈し

ネガティブなことが起きても大丈夫なように用意しておこうと、

あらゆるネガティブの可能性をシミュレートする・・・・・・・

ついにネガティブな現象が発生すると、自分のネガティブ予想に自信を深めていく。

四六時中、ネガティブに気を配っているので、ネガティブを探し出すのはお手のもの、

ネガティブに特化された脳みそは現象がネガティブであることを証明する理論武装も完璧。

いま考えると、このネガティブって、浮浪者の人たちが自転車のハンドルや荷台に山のように

積んでいるビニール袋のゴミ・・・・失礼、生活物資?の様に思えてくる。

何ヶ月も、あるいは何年も、そのほとんどはぶら下げたまま、積んだまま、けど手放せない。

瞑想は、呼吸に意識を向けて思考を止める。
※私は、思考に気づいたら(自分を責めずに)呼吸に意識を戻すの繰り返しの段階だが ^^;

過去も考えない。未来も考えない。  いま、いるだけ。

眉間の緊張がすっと消え、体の力が抜け・・・・軽くなる。 

過去と未来から離れ、いまこの瞬間だけ感じると・・・・・

苦しみ、不安が消えている。

昔、あれだけ未来を心配し、苦しみ悩んだのに・・・・・

あんなに苦しんだ心のエネルギー、責任転嫁して人を恨んだエネルギー・・・・・

なぁ~んだ・・・・である。  

ネガティブフィルターをはずしてみれば、ただの現象。

ではポジティブフィルターでは?・・・ネガティブは写らない。過去であっても。

選べるのは、いまこの瞬間だけ。

さて、どちらを選ぼうか? ^^

<つづく>


(すばらしい靈氣実践者の同志各位、その存在に感謝します。)

※人類調和賛成!って方は下の二つのバナーをクリックしてくださいね!

         m(_ _)m

    ⇓            ⇓

人気ブログランキング にほんブログ村 にほんブログ村へ にほんブログ村

2019年9月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : arkscreen

精神性とプライド

高い精神性を目指すなら、その証明となるゴール、「調和」を見失わないように。

一部の人々は(?)「調和」ではなく必死に「愛と賞賛」を追い求め、手放せない価値観、「プライド」を肥大化させてそれに疲弊する。

靈氣の根っこにもある「愛による調和」は、そんな疲弊した自分を抱きしめ、疲弊の根源である価値観「プライド」手放させ、対立した「プライド」をも優しさで包みこむ。

その瞬間、必死に追い求めたはずの「愛と賞賛」が「勝手」に流れ込んでくる。

現代靈氣マスターもそれを知っているので疲弊しない・・・はず。^^?

(丸さん、おめでとう! すばらしい現代靈氣の同志各位、その存在に感謝します。)

※人類調和賛成!って方は下の二つのバナーをクリックしてくださいね!

      m(_ _)m
    ⇓        ⇓

人気ブログランキング にほんブログ村 にほんブログ村へ にほんブログ村
2019年9月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : arkscreen

靈氣という道徳

最近常に思うこと。
靈氣は大いなる調和へ導く道徳のプログラムなんだなと。

靈氣によって意識が変わり、
その意識によって確実に体内のホルモン分泌が変わる。
その意識によって食も変わり・・・
確実に意識が身体の調和を創造していく。

意識と身体が変われば、行動が調和し、
環境も調和し、人生も調和する。

(使い古された論法だが、真実は不変 ( ̄^ ̄)キッパリ!)

欲による支配と操作は、犠牲者を生み続け
永遠に留まるところを知らない。
1000年を超えても満足も調和も生んでいない。

道徳の無い人間に調和はあり得ない。

現代靈氣を実践する仲間達の間では
目的とする精神性の向上の先にあるのは
高度な調和だと言う認識が普通に共有されるようになっている。

その環境は何とも幸福だ。

大人の愚を犯さないように
子ども達には早く知って欲しい。
子ども達には説得力のある大人達が教えて欲しい。
大人達には説得力のある人格者が伝えて欲しい。

人間が道徳を身につければ
誰も苦しまずにすむ。

1000年もの間、
合法化して握りしめてきたけど満たされない欲。
ずいぶんとエネルギーも浪費して
無様な歴史はもう十分だろうに?

もう、こうなったら・・・
靈氣をやらないという選択肢はないやろ? (笑)

※人類調和賛成!って方は下の二つのバナーをクリックしてくださいね!

      m(_ _)m

    ⇓        ⇓

人気ブログランキングにほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村
2019年9月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : arkscreen