靈氣(Reiki レイキ)とは?

  
靈氣(Reiki)の始まり
私達が実践する現代靈氣法(通称:現代レイキ)をはじめ、世界で実践される靈氣(Reiki)療法のほとんど(実践者は600万人に達するとも言われます)は現在確認出来る各靈氣ヒーラーの系統からみても臼井靈氣療法(Usui Reiki Ryoho)から始まっていると言えるでしょう。

肇祖(ちょうそ=創始者)は臼井甕男(Usui Mikao)先生で、苦労の中で様々な職業を経ながら「人生の目的は何か」を追い求めた末に「人生の目的は安心立命を得ることだ」と言う結論に至りますが、それを体得するためには更に多くの苦労が待っていました。
苦しい禅の修行でも成果は得られず師の禅僧からも「一度死んでみることだな」と突き放されたといいます。

それが機会となって大正11年(1922)京都の鞍馬山で決死の断食修行を行ったところ21日目の深夜、脳の中心に落雷を受けたような衝撃が走り意識を失います。空が明るみ始めた早朝、意識を取り戻し爽快な空気の中で宇宙との波動共鳴を感じ「我即宇宙・宇宙即我」の悟りを得て、安心立命の境地に到達します。
このとき備わった高い波動により、後に世界へと拡がっていく日本発祥のヒーリング臼井靈氣療法が確立されました。


臼井靈氣療法は関東大震災などで多くの人々を救済し、終戦前の実践者数はピーク時には100万人に達したそうですが敗戦後にはGHQの指針などにより靈氣をはじめとする民間法は急速に廃れていったと言われています。

しかし、生死をさまよう病から靈氣によって奇跡的回復を遂げ療法を受け継いだ高田ハワヨ女史によって大東亜戦争開戦前の昭和12年(1937)にハワイに伝わっていた靈氣は彼女が育成した22名のマスターによって世界へと拡がり、現在の全世界での実践者は600万人(日本国内では10万人ほど)に達するとも言われ、海外では科学的研究の対象となるほどに注目を浴びています。
※「靈氣」という文字について。
現在では「霊気」の表記が多く見かけられますが、本来は「靈氣」の表記が用いられていました。
もともと「靈」の意味するものは、肉体に宿って肉体を支配する働きを持つもの
計り知ることの出来ない不思議な働きや神々しく尊い神聖なもの(靈妙・靈験・靈感・靈氣・靈夢・靈鳥・靈泉・靈薬・靈地・靈峰・靈域など)
万物の精気や神の意味(山靈。神靈など)
そのほか恩恵や幸いをもたらすものの意味として「靈」の文字が使われていました。
海外の靈氣ヒーラーでさえその伝統を重んじて「靈」や「氣」の文字を好む人がいるのですが、大本の日本ではその意味を知ってか知らずしてか戦後「靈」は「霊」に、「氣」は「気」に置き換えられ「レイキ」の言靈(ことだま)にネガティブなイメージを植え付けられて拒否反応を示す人も少なくありません。
当ホームページでは創始者の尊い精神性に敬意を表し極力「靈」「氣」の文字を使うように心がけています。
五戒(Gokai)

 
臼井甕男先生がレイキの神髄「招福の秘宝・萬病の靈薬」として掲げられたものに「五戒」があります。

今日だけは「怒るな」「心配するな」「感謝して」「業を励め」「人に親切に」と言う非常にシンプルなものですが、海外の成功哲学にも通じる自己意識のセルフマネジメント法としてとても奥深いものがあります。

まず、「今日だけは」の部分。
一生やり続けろと言われれば気が遠くなりますが、「今日だけ」で良ければ気が楽になります。

ここに意識のマネジメントの重要なポイントがあります。
「今日だけは」あるいはもっと短く「今だけは」でも良いかも知れません。

人間は「今日」あるいは「今」以外を生きることは出来ません。
「いま・ここ」でしか意識のコントロールは出来ません。
「他のどこでもない」(Nowhere)、「いま・ここ」(Now・here)だけです。

ですから、幸福を呼び込み心と身体を整えるには「怒らず」「心配せず」「感謝して」「仕事あるいは志事を励み」「親切にする」のたった5つに「今日だけ」意識を注いで実践すれば良いのです。

そしてこのたった5つのことが生理学的にも大きな意味を持っていることが判ってきました。

このサイトの「ごあいさつ」でも触れていますが、近年になって驚くほどの自然治癒力が発揮され幸福感に満たされると多くの注目を集めるようになったものに俗に言う「幸せホルモン」があります。

「幸せホルモン」とはある条件下で体内に分泌されるオキシトシンやドーパミン・セロトニン・エンドルフィンなどのホルモンを指します。

ディーパックチョプラ医学博士をはじめ、意識の重要性を取り入れたホリスティック医療で世界的にも有名な医学博士やセラピスト、ヒーラーが多数登場することで話題を集めた※ドキュメント映画「HEAL 奇跡の治癒力」の中でもこれらのホルモンが分泌されることで人間本来の自然治癒力が喚起され奇跡的な回復を遂げたと言う事実が数多くの症例とともに挙げられています。

※ドキュメント映画「HEAL 奇跡の治癒力」日本上映特設サイトはこちら
(日本での上映は平成31年2月17日の福岡上映会で一旦終了しています。)


この「幸せホルモン」の一つエンドルフィンは、多幸感と鎮静効果もたらす特徴から体内性モルヒネとも呼ばれ、その鎮静効果はモルヒネの6.5倍以上とも言われます。
本能的な食欲などの低次な欲求が満たされた場合でも分泌されますが、食欲による満腹感は一時的なものなのでその効果も限定的になります。

「幸せホルモン」による幸福感や高い自然治癒力を持続させるには空腹になればストレスホルモンのアドレナリンが分泌される食欲などの一時的な低次欲求(欠乏欲求)よりは、持続する高い精神性を満たそうという欲求を持った方が効果的だと言います。

人間心理学の父とも言われるアメリカ人、アブラハム・H・マズロー(1908~1970)が、人は常に自己実現を目指して成長する生き物だという自己実現理論を説き、それをベースにたどり着いたという考えに欲求階層説があります。

低次の1階層は本能的な食欲などの生理的欲求、2階層に「安全欲求」、3階層「社会的欲求」、4階層「尊厳・承認欲求」と続きその上に来るのが「自己実現欲求」とされ、この高い精神性の欲求が満たされているとエンドルフィンが分泌され幸福感が持続します。

この「自己実現欲求」を満たす要素として「受容」「強い信念」「笑い」「前向きに自分の目的に取り組む」「愛」などが挙げられますが、これはまさに臼井先生が「招福の秘宝・萬病の靈薬」となる五戒として残された「怒るな」(受容)、「心配するな」(強い信念による笑って過ごせる余裕)、「感謝して」「業を励め」(不満無く前向きに・自分の目的に取り組む)「人に親切に」(愛)と、更には「自己実現欲求」も「安心立命」とシンクロしています。

大正の世に残された臼井先生の五戒が「招福の秘宝・萬病の靈薬」であることを、昭和、平成を経て令和(靈和)へ至ったいま、無敵の自然治癒力を引き出す「幸せホルモン」が証明してくれるような時代になりました。

靈氣(Reiki) 海外での高い認知度
2001年(平成13年)に新版として発行されたイギリスの権威あるコリンズ辞書(Collins English Dictionary)には新たに収録する日本語由来の英語として「Ramen」(ラーメン)「Bento」(弁当)「Gaijin」(外人)とともに「Reiki」(靈氣)を選んでいます。辞書には「(名詞・日本語)癒やしと元気回復のために患者にエネルギーを与えると考えられている治療法」と説明されています。このほかにもオックスフォード辞書、アメリカのドウランド医学大事典、ドイツで最も有名と言われる百科事典ブロックハウスにも日本語由来の名詞として「Reiki」が掲載されています。
また、代替治療(通常の医療の代わりに用いられるアロマテラピーやレイキなど)のひとつとしてイギリスやカナダ・ドイツ・オランダ・オーストラリア・アメリカ西海岸では医療保険が適用され医療現場で実際に使われています。                
アメリカの国立保管代替医療センター(National Center for Complementary and Alternative Medicine=NCCAM)ではレイキを代替医療のひとつとして正式認定しており、アメリカ医療協会は全病院でのレイキヒーリングを許可、インドやオーストラリアにおいてはレイキティーチャーが医師免許同様に国家資格として認められています。

手術前にスタッフでレイキ回し! (スペイン・ソフィア病院)
海外のセレブの間でも
靈氣仲間の間でも大きな話題を呼んだのが日本でも知名度の高いアメリカのアーティスト、マドンナ。そのマドンナのインスタグラムの写真に掲載した着物(っぽい)姿の本人の背景には臼井先生の教えである「五戒」(Gokai)が描かれています。これも臼井先生の五戒に秘められた深い精神性に共感してくれたからではないでしょうか?   
実際の写真があるマドンナのインスタグラムはこちら

また同じくハリウッドセレブで映画「バーレスク」の主演女優クリスティーナ・アギレラが靈氣でダイエットに成功したという、イギリスの「ビジネス スタンダード」やアメリカのタブロイド紙「ナショナル エンクワイアラー」の記事も大きな話題となりました。                              (ポスター中央と右がクリスティーナ・アギレラ)    映画バーレスクの予告編(youtube)
 (意識の偉大な力を示唆するものが名作になるのかも知れませんね)

2010年に作曲家の夫と離婚し、それがきっかけとなって2012年頃には激太りしていたというクリスティーナ アギレラが様々なダイエット法を試みて2013年までに約20キロもの減量に成功したと言うもので、その中でも靈氣(Reiki)は彼女のお気に入りとなったらしく今ではヒーラーとしての靈氣も学んで友人達にヒーリングしているそうです。
また、この報道によってニコール・キッドマン、アンジョリーナ・ジョリー、グウィネス・パルトロウ、サンドラ・ブロックなど名だたるハリウッドセレブが靈氣療法を受けていることも注目を集めました。


2005年にイギリスのチャールズ皇太子と再婚されたカミラ侯爵夫人も靈氣のすばらしさに感激し、靈氣ヒーラーを育成する靈氣マスターにまでなられたといいます。

ハリウッドや海外のセレブ達にも日本発祥のヒーリング、靈氣が拡がりつつあることは靈氣ヒーラーとしてもとても喜ばしいものがありますね。
靈氣(Reiki)の特徴

私たち現代靈氣マスターの師である現代靈氣ヒーリング協会会長 土居 裕(Doi Hiroshi)先生は靈氣(Reiki)の真実を求める海外の靈氣ヒーラーからも教えを請われる程の靈氣研究家でもあり、土居先生の著作は海外でも数多く翻訳されています。

土居先生の高い調査力と膨大な情報量は実に驚異的で、靈氣実践者にとっては靈氣に関するシンクタンクあるいはアカシックレコード(^ ^)?とも言えるほどの存在ではないかと私は思います。

ということで、靈氣の特徴については土居先生の解説を引用させて頂きたいと思います。

※ 以下、靈氣(Reiki)について土居先生の解説です。

宇宙に存在する様々な波動の中で「すべてを調和に導くエネルギー」で人の高い意識と共振する高次元波動が靈氣で有り、その活用法を「靈氣法」と称し「靈氣法」によるヒーリングは、超能力(特殊能力)や念力(強力な精神集中)などは一切不要です。

「靈氣法」の能力は修行や訓練で得るのではなく、靈氣マスターという資格を持った人が靈氣の回路を開通させるだけで誰でも簡単にできるようになり、靈氣(高次元の波動)を中継するだけで自己のエネルギーは使わないため正しいレイキヒーリングでは「ヒーリングをすると疲れる」「相手の悪いエネルギーをもらう」などという現象もありません。

また、単に「優しく効果的なヒーリング」に留まるものでもなく、創始者・臼井甕男先生は『臼井靈氣療法は、宇宙に存在する靈氣”氣と光の波動”を活用して、人間そのもの(こころ・からだ・たましい)を健全にするもの』と言われ、「心身の健康、心豊かな生活、人生の幸福を実現するために、靈氣療法を公開する」と宣言され「靈氣を活用して、宇宙の調和のリズムと響き合いながら、人生を安らかで豊かなものにしよう」と呼びかけておられました。。。

以上のように解説されており、臼井靈氣療法に込められた臼井先生の精神は現代靈氣の創始者である土居先生、そして我々現代靈氣ヒーラーへも脈々と受け継がれています。

現代靈氣法(Gendai Reiki Ho)とは
現代靈氣法(通称:現代レイキ)とは現代靈氣ヒーリング協会代表 土居 裕(Doi Hiroshi)先生が臼井靈氣の理念を基本に海外で独自に進化し里帰りした西洋レイキの合理性などを取り入れ、「現代に合わせた臼井靈氣の実践法」として構築されたもので「新しいレイキ」あるいは「新しい系統」と言う性格のものではありません。現代靈氣法を構築された土居先生ご自身の手で作られた「現代靈氣ヒーリング協会」のホームページにご自身の解説がありますのでここでは私の私的解釈を控え同ホームページから引用させて頂きました。

引用元 現代靈氣ヒーリング協会公式HP
   1.現代霊気法は、日常の中で実践するレイキ

現代霊気法 (通称・現代レイキ)は、臼井先生の理念を基本とし、西洋式レイキの合理性・効果性を取り入れて、日常生活で気軽に実践し、その恩恵を最大限に受けようとするものです。’98年に著書「癒やしの現代霊気法」が発刊され、外国語版(英語、スペイン語、デンマーク語、フランス語、その他)も出版されて海外でも《Gendaireiki-method》として知られるようになりましたが、それは「新しい霊気療法」や「新しいレイキの系統」という性格のものではなく、「霊気療法の新しい実践法」というべきもので、今も私が実践し常にその恩恵を受け続けているものです。

   2.現代霊気法の成り立ち

私は最初、ニューヨーク在住のレイキティーチャー・三井三重子先生から西洋式レイキ (ラディアンステクニーク) を学び、高い効果性を認識することができました。

その後、縁を得て臼井霊気療法学会の小山君子会長 (故人) から、伝統の方式により霊気の回路を開いていただき、臼井先生伝承のレイキエネルギーと、高い精神性を実感しました。

 この頃から、レイキに関する貴重な資料や情報が自然に集まってくるようになり、それをベースとして、私自身が恩恵を受けるため 「心身の癒し」 「精神性向上」 という2つの面を中心に整理し、体系化しました。 これが現在、現代霊気法 (現代レイキ) と呼ばれているものです。      現在、居住地の芦屋を中心として、縁ある方にお伝えし、ともに向上を図っています。  

   3.現代霊気法は、目標に至るための一つの道
レイキの指導者は、「臼井先生の教えが本当に役立つのかを確認し、役立つと判断したら、自ら実践して日常生活で恩恵を享受する」 「体験に基く認識を、自分の言葉で正しく表現し、それを正しく伝えていく」 「レイキの純粋性 (不調和な意識波動を混入させないこと) を守りながら、最大の効果をめざして共に高め合う」 という姿勢が大切です。

 各指導者が 「日常生活でレイキの恩恵を受けて、心身を健全に保つこと。同時に、価値観を共有する仲間たちと連携し、臼井先生の示された目標を目指して共に向上する」 ことが大切で、現代霊気法はその道の一つと思います。

 この理念を現実のものとするため、‘054月に内閣府の認証を得て 「NPO法人現代レイキの会」 が誕生しました。

これに賛同する現代霊気法マスターたちが専門会員として参加し、「自己研鑽と、レイキの健全な普及」 への取り組みを開始しています。

   4.現代霊気法の技法はレイキの受信システム完成のため
臼井先生は 「レイキは気と光であり、宇宙に充満している」 と言われましたが、レイキエネルギーは 「すべてを調和に導く波動」 として、私たちの周囲にも充満しています。 それを受け取ることができるのは 「私たち自身に、受信システムが完成しているかどうか」 にかかっています。現代霊気法の各種技法は 「自己浄化と自己向上の技法」 であり、これを意識的に実践して受信システムを構築し、やがては意識しなくても常にレイキ波動と共振できることを目指しています。

技法を覚えて、それを上手に活用するためではありません。

   5.現代霊気法の原点
現代霊気法を体系化するにあたり、次の4項目を原点として構成しています。1)  「心身の癒し、精神性向上」がキーワード。(人生を豊かに生きるための技法)2) 独断・偏見・秘密性を避け、効果を最重点。(秘密・神秘・奇跡などを謳わない)3) 霊気の特性を生かす、効果的技法の採用。(目的・実行ポイントの明確化)4) 技法をシンプル化・標準化し、気軽に活用。(日常生活での活用を第一に)

 ※ 引用ここまで
前述のとおり、いま世界で愛されている日本の癒やし「靈氣」(Reiki)を語るとき、世界のReikiヒーラーから教えを請われ海外へも招聘される現代靈氣ヒーリング協会代表・土居 裕先生はとても重要な位置におられるお一人であり先生が記された著作の内容の深さは特筆に値します。
土居先生の著作はサイドバーのリンクからもお求め頂けます。
このエントリーをはてなブックマークに追加